人気ブログランキング |

あの味を再現!? 冷製ロックフォールクリームソース&焼き茄子ジュレ☆

こんばんわ☆
今夜のOsteria poppo は、先日の(っていっても結構前だ 笑)
Birthday Lunch でいただいたお気に入りの前菜の
なんちゃって再現(?)レシピでっす^^
d0159001_003430.jpg

焼き茄子のジュレ和え&茹で鶏&鴨の生ハムに
ロックフォールチーズのソースがかかっていて、
トリュフのスライスがトッピングされていたアレです!

。。。ただ、おうちではやっぱり
生のトリュフとか、鴨の生ハムとか無理じゃん???
なので、再現とは言ってはいけないほど、簡易版でっす^^ 
おもてなしのときは、頑張って(?)鶏も添えたけど、
それさえも省いた(爆)!

なぜって、胸肉を柔らかく美味しくゆでるって
結構難しくて、なかなか説明が。。。
だって本人も失敗することあるから(笑)!
というわけで、省略! 


もちろん、あったほうがいいけれど、なくてもアリです^^
あと、生のトリュフは手に入らないのでトリュフオイルに置き換え、
鴨の生ハムはフツーの生ハムにしました^^

それでも、おうちでのおもてなしには
(多分)十分な仕上がりになったので、
簡単(いい加減)レシピをご紹介しまっす^^


d0159001_022366.jpg



材料(作りやすい量)*多分、前菜として5~6人前はできます
・茄子:270グラム
・コンソメ:1個
・水:250グラム
・ゼラチン:2グラム

*ロックフォールクリーム
・ロックフォールチーズ:30グラム
・生クリーム;150~200g
・ゼラチン:1グラム弱 *お好みで^^
・塩&ブラックペッパー:適宜

*その他
・生ハム、トリュフオイル、オリーブ:適宜

作り方
1 茄子のジュレ和えを作ります。茄子はピーラーで皮をむいて食べやすい大きさに切り、塩水にさらした後に5~5分レンチンして柔らかくし、あら熱をとっておく。
2 熱湯にコンソメを入れて溶かし、ゼラチンを溶かして全体をよく混ぜ、氷水にあててあら熱をとって1を加えて冷蔵庫で冷やし固める。
3 冷やしている間に、または同時にフォックフォールクリームを作ります。生クリームを温め、常温に戻し、軽くつぶしておいたロックフォールチーズを加えてチーズが溶けるまで加熱する。
4 チーズが溶けたら味を見て、必要があれば塩を加える。大さじ1くらいの熱湯で溶いたゼラチンを加えて全体を混ぜ、ブラックペッパーを加える。
5 4を氷水にあててあら熱を取り、冷蔵庫で冷やし固める。
6 茄子のジュレと生ハムをお皿に盛り、その上からロックフォールクリームをかける。さらに塗布リュフオイルとブラックペッパーを多めにトッピング!オリーブを添えて冷たいうちにいただきます^^

美味しい^^ 結構あの時に近い味ができたかも♪♪♪
d0159001_016326.jpg

イヤ。。。もちろん厳密に言うと違うんだけどね(笑)。
でも、ワインにピッタリな美味しいアテになりましたとさ♪

ロックフォールはやっぱりメーカーによって
塩分や風味に差があると思うので、
上記の量はあくまでも参考でお願いします^^

トリュフオイル、ちょっとお高いけど
できれば省略しないほうがいい!!!
コレ、あるのとないのではかな~~~り違います!!!
そんなに一度に大量に使うものでもないので、
小さめの瓶を買ってお試しください♪

ワイン好きは特に!!!
絶対あったほうがええで!!!

チーズクリームは残ったらフツーにパンにつけて食べても
とっても美味しいです^^
今回はからみやすいようにちょっとゼラチンを加えたけど、
まあ、その辺はお好みで^^ナシでもあまり問題はないかも(笑)。

まだまだレシピをアップしていいのかものすごく疑問な
完成度ではあるけど、「まねっこレポ」ということで、
軽く流していただけるとありがた~~~い(爆)!!!

でも、美味しく出来たとは思っているので、
ご興味のある方はお試しください^^


***お知らせ***
先日から、不定期でレシピを投稿させていただいている
タベラッテで、2冊目のデジタルブックを作りました♪
d0159001_2102720.jpg


ちなみに、現在週間ランキング第4位、
総合ランキング第4位です~♪

総合ランキングにもエントリーできて嬉しい!!!

皆さまが見てくださったおかげです♪
いつも応援ありがとうございまっす^^

本日はご来店ありがとうございました。
また、是非遊びに来てくださいね♪

by Osteria poppo きまぐれオーナー

ランキングに参加しています。
下記をクリック&足跡などいただけると嬉しいです♪



☆コメントのお返事は、ブログをお持ちの方は訪問した際に、
そうでない方は当記事にてさせてください♪

by nokko2010 | 2012-10-10 00:26 | アペタイザー | Comments(8)
Commented at 2012-10-10 10:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mekamahalo36 at 2012-10-10 20:12
今晩は。オサレな一品ですね!美味しそうだぁ。
盛り付けもキレイで本格的ですね。さすがです!
Commented at 2012-10-10 22:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-10 22:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by petapeta_adeliae at 2012-10-10 23:01
ロックフォールはクルミとドライフルーツと確かリンゴ
を春巻きの皮で巻いて使ったことがありました。
茄子と生ハムにとろとろチーズの掛け布団。。。いいですねえ。

Commented by のりえレシピ at 2012-10-11 21:45 x
nokkoさん、こんばんは。
これは、ワインが何杯でも進んでしまいそうな一品ですね♪。
盛りつけ方も美しくて、さすがだなぁ~。
外で食べて美味しいと思ったものを
こうして実際に作り、自分なりに再現するって
楽しいですよね。
そうなの、そうなの、トリュフオイルのあの香りは最高です。
って、最初に買った時、パンにつけたんだけど
付けすぎて大変なことになった記憶が(苦笑)
少量で十分なんですよね。
Commented by uhihihihi at 2012-10-11 22:47
レストランの味を再現しちゃうところがすごいわ~!
でもこれ、美味しそうだから作ってみたくなる気持ちもわかる。
トリュフオイルって美味しいよね。
かけるだけで風味が良くなるのよね♪
ワインにぴったりだろうな。。。さすが!!
Commented by タヌ子 at 2012-10-12 02:01 x
ソースにもゼラチンを使ってるんですね。
このお料理、フランスで作らない手はないですよね。
でも、鴨の生ハムってあったかしら?
鴨のスモークで作ると癖が強くなっちゃいそうですよね。
しかしフランスでもそうそう気軽にトリュフは使えないので、スライスした生のマッシュルームにトリュフオイルをふりかけ、偽トリュフを作って乗せたいと思います!
<< ワインとともに☆ スパイス薫る... 和み処さくら de グルメ倶楽... >>