「ほっ」と。キャンペーン

牛ホルモンの赤ワイン&トマト味噌煮込み♪

こんばんわ☆
今夜のOsteria poppo は、またまたお料理記事^^
(ま。。。基本は料理ブログだからいいんだけど、ちょっと 笑)。
今回は、お仕事で目にした飲食系の新聞記事に影響され。。。
「こ、これは、作りたい!!!」となったものをご紹介しまーす♪
d0159001_20144465.jpg

それは、ホルモンの煮込み!あ。。。写真ではよくわかりませんね~(汗)。
 
ホルモン、実は生から料理したことがなくって、
最近の「気になる食材」だったのですね~。
(また、マイブームが起きてる 笑)。
だから目にしたら最後。「すぐ作りたい!」となったのでした(笑)。
さっそく、新鮮なお肉をお手ごろ価格で売っている、
野本畜産へ出かけ、新鮮なホルモンをゲット!
むふふ~^^ ワクワクしながら挑んだのでした^^

確か、その記事はワインバル特集か何かで、
お料理は「トマト煮込み」だったような気がします。
でも。。。まんまコピーもつまんないので、
トマトプラス、赤ワイン+味噌ベースにし、
野菜やお豆もた~~~っぷり加えて♪♪♪
ご飯にもパンにもあう仕上がりを目指してみました^^

ハイ。初回から創作系にチェレンジしますよー^^
もちろん、一応はネット検索して、ホルモンの下処理手順だけは確認♪
お店のおねーさんにも処理が必要かどうか聞きました^^

「新鮮なので、軽くでOK」とのことだったので。。。
塩でもみながら洗って、あとはさっと茹でるだけにしました^^
初めての試みということで、煮込み時間が妥当かどうかはわかりませんが、
自分的には好みな仕上がりになったので、
「覚書」として、レシピもご紹介いたしまーす♪
d0159001_20454830.jpg

☆材料(作りやすい量:4~5人分くらい)
・牛ホルモン:500g
・にんじん:1本(そのうち3分の1はソフリット用)
・たまねぎ:大きめ1個(そのうち半分はソフリット用)
・にんにく(スライス):2個
・マッシュルーム:1パック
・カラフルビーンズ(水煮):2パック(260g)
・トマト缶:1缶
・赤ワイン:250ml
・味噌:大さじ2
・みりん:大さじ2
・塩&ブラックペッパー:適宜
・ローリエ:1枚
・ローズマリー:1枝(なくても可)
・オリーブオイル:適宜

作り方
1 にんじん3分の1本、たまねぎ半分をみじん切りにし、オリーブオイルを熱した鍋にいれ、弱火で30~40分じっくり炒める(ソフリット)。
2 1にトマト缶、味噌、みりんを加え、ひと煮立ちしたら、スライスしたたまねぎ、乱切りにしたにんじん、豆を加えて煮込む。
3 ホルモンは塩を振ってもみ、流水でよく洗ったら、沸騰したお湯に入れて再沸騰するまで茹でる。お湯が再沸騰したらすぐにザルに上げ、軽く洗って水気を切っておく。
4 フライパンにオリーブオイル少々とにんにくを入れ、香りが立ってきたら3を入れて炒めて塩&ブラックペッパーを加える(強火)、赤ワインを注ぎ入れてアルコール分を飛ばしたら、ローリエとともに2の鍋に加える。
5 15分程度煮込んだら、半分に切ったマッシュルームを加えてさらに5分ほど煮る。必要に応じて塩&ブラックペッパーで味を調えて出来上がり♪

ハイ!こんなかんじ♪♪♪ 美味しくできました^^
d0159001_20511573.jpg

ぷりぷりでーす^^ うんまいなぁ♪♪♪
赤ワインと味噌のコクで、ふか~いお味☆
もちろん、赤ワインにぴったりでございまーす(笑)。
今回は写真を撮っていませんが、ご飯にもよくあいます♪
(白ご飯でもいいけど、雑穀米のほうがいいかも)

そう。。。いくら大食いの方がいらっしゃるとはいえ、
この量は1度に食べ切れません~(そりゃそうだ 笑)。
2回に分けていただきました♪

煮込料理の常なんだけど、作りたてよりも
翌日のほうがやっぱり美味しい♪
なので、時間があればいただく日の朝か、
前日に作っておくのが理想かなーっと思いまっす^^

ただね。。。このモツはとっても新鮮で、
このままホルモン焼きにしてもいいくらいのものなのでした。
だから、煮込み時間をもっと少なくして、
味をしみこませるかんじでもよかったかな~???
っと思ったりもするのです。。。
(だって、モツ鍋とかってそんなに煮込まないよね? 多分 笑)。

と、いうわけで。。。もうちょっと色々試行錯誤を
していきたいと思ってまーす^^
そして、いつかバージョンアップ編のご紹介なんぞも♪♪♪
まあ。。。いつになるかはホントに自分でも分かりませんが(笑)。
(生ホルモンは買っても、別の料理にしてしまう可能性が高し 爆!)

まま、そんなかんじです~。
おっとー!!! 仕込み途中のあめ色たまねぎが
焦げそうなので、この辺にてシツレイいたしまーす(笑)。


**お知らせ***
先日から、不定期でレシピを投稿させていただいている
タベラッテで、2冊目のデジタルブックを作りました♪
d0159001_2102720.jpg


ちなみに、現在週間ランキング第1位!

皆さまが見てくださったおかげです♪
いつも応援ありがとうございまっす^^

本日はご来店ありがとうございました。
また、是非遊びに来てくださいね♪

by Osteria poppo きまぐれオーナー

ランキングに参加しています。
下記をクリック&足跡などいただけると嬉しいです♪



☆コメントのお返事は、ブログをお持ちの方は訪問した際に、
そうでない方は当記事にてさせてください♪

by nokko2010 | 2013-09-27 21:28 | メイン(欧風) | Comments(7)
Commented by petapeta_adeliae at 2013-09-27 22:40
若かりし頃に1度だけホルモンの料理したことが
あるんでけど、その時は4回茹で溢ししたんだけど、
こちらはホルモンは1回茹でるだけでいいの?

ホルモンて見た目が。。。だけどトマト煮にすることで
ビジュアル的にもいいね。
Commented by fumie660823 at 2013-09-28 00:21
nokkoさん、こんばんは☆
ホルモン、お料理したことない!
おいしそうね〜
トリッパに挑戦したいと思いつつ、まだ実現しとりませんです、はい。
そろそろ寒くなってきたし、今年こそ挑戦しよっと。
Commented by uhihihihi at 2013-09-28 19:55
のっこさん ばんわ~☆
おぉー!  言ってみればモツ煮込みが
こんなお洒落なワイン仕様になってるのね~!

赤ワイン片手にちびちびつまみたいな~。。。
味噌でコクが出る感じなんだろうな。
Commented by タヌ子 at 2013-09-29 08:46 x
フランスで超臭いトリップに遭遇して以来、内蔵物は苦手(フォアグラと砂肝以外)だと思い込んでるので、ホルモン=内蔵だと思ってたけれど、ホルモンって呼ばれるのは大腸か膵臓なんですね。
nokkoさんの手にかかると、苦手な私でもホルモンも食べてみよう!っていう気になるところが流石。
フランスではホルモンはちょっと怖くて買えないから、オックステールを赤ワインと味噌で煮込んでみよう。
Commented by のりえレシピ at 2013-09-29 21:33 x
nokkoさん、こんばんは。
私もホルモン料理って作ったことがないです。
っていうか、これ、めちゃくちゃ食べてみたいぞ~~~
ホルモンのイメージとは全然違って
これまたワインのお供にピッタリの一品!
さすがワイン好きのnokkoさんのアイディアは凄い!と
改めて感じちゃいました!
そうそう、雑穀米といえば、チキン南蛮と雑穀米も
すっごく相性が良かったです!さすがですね~~~~☆
Commented by えみ at 2016-11-18 17:23 x
こんにちは。初めまして。
赤ワインに合うホルモン料理を求めて流れてきました。

手順4で「2を入れて炒めて」と「2の鍋に加える」とありますが、どちらかが「3」だったりはしませんか?

3のゆでたホルモンは、どのタイミングで入れるんだろう・・・?と思ってしまったもので。
Commented by nokko2010 at 2016-11-19 16:18
えみさん♪
初めまして^^ コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり!!!3だったりします!
ごめんなさい(><)
そして、ご指摘ありがとうございます。
訂正しますね^^
<< 銀座 朔月さん 10月スペシャ... クリーミー♪ 甘辛牛肉とこんに... >>